資料を探す・調べる

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

デジタル化資料送信サービス
画像提供:国立国会図書館

北海学園大学附属図書館では、国立国会図書館が提供するデジタル化資料送信サービスを利用することができます。

デジタル化資料送信サービスとは

デジタル化資料送信サービスは、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料 (約149万点:2019年7月現在)を全国の公共図書館、大学図書館等で閲覧・複写(印刷)できるサービスです。

図書 昭和43年までに受け入れた図書、震災・災害関係資料の一部 約57万点
古典籍 明治期以降の貴重書等や清代後期以降の漢籍等 約2万点
雑誌 明治期以降に発行された雑誌(刊行後5年以上経過したもので、商業出版されていないもの)約1万タイトル(約79万点)
博士論文 平成3~12年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの) 約12万点
脚本 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された昭和55年以前の放送脚本(テレビ・ラジオ番組の脚本・台本)の一部 約3千点

利用対象者

本学学生、教職員、その他本学図書館のLibrary Cardを有する方(ただし、延滞資料のある方を除く)
※国立国会図書館が定める利用条件により、それ以外の方はご利用になれません。

資料の閲覧

本館2階の専用端末(1台)で資料を検索し、デジタル化資料の本文を画像で閲覧することができます。 利用の際は、学生証又はLibrary Cardを持参の上、サービス・カウンターへお申込みください。 閲覧時間は9時00分から21時45分までです。

資料の複写(印刷)

資料の複写(画像の印刷)を希望される際は、閲覧専用端末に備え付けの「複写申込書」に必要事項をご記入の上、学生証又はLibrary Cardと併せて、レファレンス・カウンターへお持ちください。著作権法で認められた範囲内で、図書館のスタッフが印刷を行います。

※複写料金は利用者の実費負担(カラー1枚50円 / モノクロ1枚10円 / 現金又は大学生協コピーカードによる支払い)となります。

※複写の受付時間は、レファレンス・カウンター取扱時間内に限ります(時間内でも都合により受付できない場合があります)。

[レファレンス・カウンター利用時間]
平日 : 9時00分~12時40分、13時30分~16時30分
土曜 : 9時00分~12時00分